2009年08月26日

インディーズゲーム4・海外の方は全方位がお好き

 インディーズゲームに限らず、Xbox360の海外のゲームで、シューティングに限って言うと、多いと感じるのが「全方位シューティング」。
 日本でSTGはスクロールタイプが多いけど、基本的に、

「フィールド上で任意の全方向に自由に動けて、任意の全方向に撃てるシューティング」

 が圧倒的に多い。Xbox360のコントローラーが左右両レバーで使いやすい事もあるが、あちらの流行か伝統みたいなものかもしれない。
 という事で、そういうタイプのゲームだけまとめてみた。でも数が多いので、私が気になったものだけ。

 また、文中で「ジオメトリーウォーズみたい」て表現をしてるところもある。別にこれが元祖じゃないけど、日本のXbox360ユーザーとしては有名でわかりやすいので。
 しかしこうやってまとめると、本当に海外の方は全方位が好きねえ。まあ海外の方は「日本人はスクロールSTGが好きねえ」て思っているだろうけど(STGに限って語る話だが)。


BIOLOGY BATTLE
 コンテスト優秀作(実はどういうコンテストか詳しく知らないが)という事で、グラフィックは極めて美しく、撃ちまくる面白さがある。

Nebulon
 基本は敵を撃って倒していくが、パワーアップがカプセルを集めて任意の所でボタンを押すという、グラディウス形式になっている。
 パワーアップのためか、最初の自機はショットが乏しく、撃つ面白さとしてはイマイチな印象。

Aria
 このゲームの特徴は、HDDに音楽を入れているとBGMとして使え、それとゲームがシンクロする。
 とりあえず、手元にあった「ギャラクシアン3」を入れてみたが、オーケストラで音が無音になったり急に盛り上がる曲だと、シンクロがはっきりと分かって面白い。
 ただ致命的なのは、Xbox360本体のの音楽管理が使いにくすぎる事(まあ関係ないグチですが)。

Atomhex
 グラフィックはジオメトリーっぽいけど特徴的で面白い。でもルールがイマイチ分かりにくかった。
 価格は80Pなので、このジャンルの中では気軽に買えるゲームと言える。

VirusWar
 これは全方位STGと言うより、全方位に撃てる強制スクロールタイプのSTG。
 敵の攻撃などは、連続破壊や避ける面白さがあって、なかなか面白い。

Arbor Vitae
 木の成長を守りながら敵を倒すゲーム。
 全方位STGには違いないが、ステージが森の中で、目的が攻撃ではなく防御なので、また違った感覚がある。

I MAED A GAM3 W1TH Z0MB1ES!!!1
 ゾンビやスライムなどが次々と出るのを倒すゲーム。
 最初ゾンビばかり出てくるかと思えば、急にレトロゲーム風のドット絵が襲ってきたり、更に、どうも作者がヘビメタ好きらしく、BGMや背景がそれ。
 さらに、タイトルやゲーム中のメッセージを見ると、どうも「E」と「3」や「I」と「1」をわざと変えているらしい。
 …ぶっちゃけ、もの凄いセンスというかシュールさを味わえる。




posted by 司隆 at 21:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
日本の全方位系STGだとカプコンのロストワールドを思い出します。
あとナムコのアサルトとかかな

DS3台購入しといて、その後PSPも買いました。
戦場の絆専用台の予定が気が付いたらモンハン専用台に、
ダライアスバースト?買いますとも!


       サントラ用ですg
Posted by 屠竜 at 2009年10月17日 06:51
屠竜さん
日本ではツインスティックタイプの全方位STG自体、なかなか見ないですね。
やっぱりレバー+ボタンが基本だからかも。

ダライアスバースト、ええもちろん私も買いますよ。
パッケージ版か、読み込みが速い(と思われる)ダウンロード版かで迷っている所です。
Posted by 司 隆 at 2009年10月17日 11:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。