2009年08月16日

インディーズゲーム1・購入済のお気に入り

 先日から始まって、もう毎日やっているインディーズゲーム。もの凄い数だったが、ある程度消化した。
 その中で、とりあえず面白いと思って購入したゲーム数本について、詳しく書いてみる。

 ちなみに、それ以外に気になったものは、こちらでリスト化しているので。
Xbox360 インディーズゲーム お気に入り

 色々プレイして思ったのは、凝ったものより一発狙いやシンプルな方が楽しめたり、市販ソフトでは味わえないものができる事。
 PCではネットのフリーソフトなどでできるけど、これがゲーム機でできるのだなあと、改めて時代を感じる。

 と言う事で、また書きたいものがあったら書いていこうと思う。だからタイトルにはとりあえず「1」と付けておいた。


Johnny Platform's Biscuit Romp
 敵を全滅して出口に出るという、面クリアタイプの1画面ジャンプアクション。
 スーパーファミコン調のグラフィックや音楽など、色々な面で懐かしさがあるし、2段ジャンプを使ったアクションや若干のパズル要素を含んでいて、難易度も高くないので気軽に楽しめる。
 価格は80Pと安いので、迷わず勧められる。

 ただ、プレイしてどうしても気になるのは効果音。
 面の至る所に、1upの条件になるコーヒーが配置されているが、取った時に「ジュルッ!」てコーヒーをすする音がしたり、クリアしたら「イヤァ〜」とかボイスが鳴る。これがはっきり言ってかなり違和感w
 ある意味、インディーズらしさをここで味わえる。


Ladybird Galaxy
 1画面アクション。画面上に出てくる虫や障害物を避けながら、宝石を拾っていく。
 操作はスピードアップ・ダウンと、右回り・左回り、アイテムによって敵を撃つショットボタンのみ。クリアの概念はなく、残機が無くなるまで延々と続く。

 シンプルなのに、スコアを上げる要素が「宝石を取る」だけでなく、「スピードアップを取って倍率を上げる」「敵を撃つ」といくつかあるのと、それをいつ取るかなどの攻略があって面白い。
 また、ゲーム自体ものんびりとしたテンポで延々続けられる。


Headshot
 人混みの中、突然ピストルを持った男が現れるので、スナイパーとしてそいつの頭を撃ち抜け!と言うゲーム。照準の操作とショットボタンのみで、1発を外すとゲームオーバー。

 シンプルというか、面を進めてもまるっきり同じで単調だし、はっきり言って一発ゲームだが、結構緊張感あって楽しめた。
 軽く2〜3分という感覚でできる。


Golden Tangram
 タングラムというパズルをゲーム化。タングラムとはここ参照Link

 時間制限も、早くクリアする特典もないので、本当にじっくりとパズルを楽しめる。
 はっきり言って、タングラムそのものがあったらゲームいらんやんw。て気もするが、手軽に楽しめるという事で、パズル好きな方にはお勧め。




posted by 司隆 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。