2009年08月03日

サマーウォーズ・ネタバレ感想

 さて、先日の日記で書いていた映画「サマーウォーズ」だけど、感想を書いたのでアップしてみる。
 その時の日記でも書いたけど、私としては「最高に楽しめた映画」と言う事で。

 でもこれ、完全ネタバレだし、観ていない人には分からない内容。だからすぐにアップせず、2日ほど置いていた。
 という事で、まだ観ていない方は飛ばしてください。



ギャップとナンセンス

 この物語では、SNS、アバター、ゲーム、携帯端末、サイバーテロなど、現代のネットとコンピューターに関する様々な要素があるけど、そんな最先端の技術で戦う舞台は田舎の一軒家という、全く時代が合わない要素を持ってくる。
 そして前半はコンピューターなど全く知らないおばあちゃんの活躍があったり、後半も、性能のいいPCが必要だと言って巨大サーバー持ってきたり、あと2時間しかない所で飯食ったり、最後の勝負は花札で、その画面を家族全員が携帯やゲーム機持って真剣に見つめたり。

 そんな驚くほどのギャップやナンセンスぶりに笑わされながら、最先端のものが結局「人」や人の繋がり、そして昔からの考え方に勝てなかった事を見せる。
 この映画は、ネットやコンピューターに対して「負かせ方を楽しむ物語」で、それを楽しむから「勝つ事を喜べる物語」になると思う。
 私にとっては、それを次々と見せていく展開が楽しかった。だから最後はスカッとさせてくれた。

 それに、ここで勝った相手は、コンピューターだけじゃなかったよね。それがスカッとさせてくれた要素の一つ。


リアルとエンターテイメント

 ネットやコンピューターの扱い方としては、非常に細かい所まで描いているけど、リアルかと言えばそうでもない。
 いくらSNSが巨大になったからと言って、行政など情報のほとんどがそこに依存しているとか、佳主馬は最初、あの田舎でどういう回線を使ってネットをやっていたのか(携帯電話も含む)、格闘や戦うシーンなど、SNS上であんな事できないだろうとか。

 でも私は、これこそ「エンターテイメント」だと思って観ていた。

 分かってるしどうにでも設定できる(たぶん設定してると思う)けど、あえて説明的なものは外したり、あえてナンセンスな要素を持ってきて、徹底的に分かりやすく楽しませようとしていると思った。
 だから、人によってはどこまで許せるか、理解できるかがあるとは思うが。


 結局、総合的に一言で言うなら、
「理屈抜きに楽しむべきエンターテイメント映画」

だと思う。エンターテイメントって元々そういうものだけど。


ついでの話

 あと、個人的に思う所を色々。

 この映画で泣けた話も多く聞かれるけど、ええ私も泣けました。
 コンピューターを使い込んでいる人が、パスワードに思い出の数字を入れている事、最後は世界中の人間が繋がる事など。
 こんなところで人間らしさを感じさせたり、コンピューターより人が強いのを感じさせる。しかも見せる所で見せてくれるからグッと来たわ。

 登場人物はそれぞれの個性があったけど、結構一人一人の表現は薄いなというか、描き方が少ないなと思った。
 これは、1キャラクターより家族全員を表現して、家族に対する思い入れを持たせるため、わざとそうしているのかな、とも思った。

 どうでもいい話だけど、佳主馬が少林寺拳法の型をやっているところ、あれは確かに少林寺拳法。
 あの場面で「ああ何か、少林寺の型に似てるなあ」て思ってたらセリフでそう言って、ああやっぱりって感じで。
 まあ一応、やってたので言いたかったと。




posted by 司隆 at 08:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie / Music / TV
この記事へのコメント
こんなにもサマーウオーズの感想を書けるなんて凄いですね。司隆氏は映画を見て泣いたと書いてあったので泣ける事はいい事だと思います。自分はネットワーク上のAIとある家族(一族)のネット上で繰り広げられる合戦をすごく楽しめました。昔だと時代劇みたいな合戦ですが今だとこんな合戦(コンピュータ上での)かもしれませんね。そうそうこちらでは(関東)11日に時かけが放送されるのでまた見ようと思っています。
Posted by トロロ at 2009年08月09日 18:13
トロロさん
合戦については、確かに、まさに現代の合戦でしたね。
昔のやり方をコンピューター上でやってしまうのも面白かったです。

関西でも、11日は時かけの放送があるようです。
私も一度見ていますが、もう一度見るかもしれません。
Posted by 司 隆 at 2009年08月09日 19:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。