2009年07月17日

4ビットマイコンでゼビウス

 さて、また4ビットマイコンのプログラム…ではなく、今度は、音楽演奏データを作ってみた。
 このGMC-4、元々入っているサンプルプログラムがあるけど、その中に「音楽の自動演奏」がある。メモリに音のデータを入れて、[RESET][A][RUN]で演奏を始める。
 これを使って、アーケードゲーム「ゼビウス」のメインBGMを鳴らしてみた。

 ちなみに、オリジナルはこの辺を参照Link

 演奏しているムービーをアップしたので。



 実は最初、ゼビウスのBGMデータは短いので、音楽データは16バイト以内でプログラムできるかも、と思って作り始めた所、プログラムでの演奏はテンポなどに限界がある。では内蔵の自動演奏でやってみたと言う事。
 でも、こいつも性能的に半音が鳴らせないし、オクターブも限界があるので、あくまで「それらしい音楽」を鳴らしてみた。

 演奏データは下記の通り。00h〜44hまでのデータ。

00h (0000000):5 3 0 A 0 9 0 A
08h (0001000):0 8 0 C 0 A 0 9
10h (0010000):0 A 0 3 0 A 0 9
18h (0011000):0 A 0 C 0 A 0 9
20h (0100000):0 A 0 3 0 A 0 8
28h (0101000):0 A 0 C 0 A 0 8
30h (0110000):0 A 0 3 0 A 0 8
38h (0111000):0 A 0 C 0 A 0 8
40h (1000000):0 A 0 F 0

 これを入力した後、[RESET][A][RUN]で演奏を始める。

…まあしかし、くだらねー事やってるな私w




posted by 司隆 at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。