2009年06月30日

4ビットマイコン

 以前から発売を楽しみにしていて、早速購入。

20090630A.JPG
大人の科学マガジン Vol.24 4ビットマイコン

 学研が大人向けに、子供の頃に味わった科学雑誌のような付録を見せてくれる、大人の科学マガジン。今回発売されたのが、この4ビットマイコン。
 ボタンは0〜Fとコマンドキーの計20ボタン、表示は1つの7セグ(数字を表示する所)と7つのLED、簡単な音が鳴るスピーカー、これだけのものにプログラムを入れていろいろな動作をさせる。
 打ち込むのはアセンブラという、コンピューターに最も近い言語と言うべきか。こう言うのを当時「ワンボードマイコン」と呼ばれていた。
 こう言うのをいち早く欲しいと思うのは、当時味わったのもあるけど、性ってやつです、はい。

20090630B.JPG 20090630C.JPG

 箱を開けると左の写真のように、本誌と共にマイコンは簡易的なキットになっている。本誌を読みながら組み立てた完成品が右の写真。
 これで電池を入れて起動。そして早速サンプルとして入っている「モグラ叩き」などやったり、簡単なプログラムを入力した感想は、

「何、このワクワク感は」

 プログラムを打つ時は、エラーメッセージもコマンドも出ないので、全部自分で確認しながら入力しないといけないし、起動してもLEDが点灯したり音が出てもピコピコ音だけなのに、「おおっ動いた!」て感動がある。
 これって、昔のマイコンで味わった感覚そのもので、コンピューターなんて今でもさんざん触っているのに、最近味わってない、久しぶりのものを思い出した。

 ちなみにこれ、電源を切ったらプログラムは全部消える。セーブ機能が欲しいなんて思ったけど、昔のものを味わう意味では、セーブなんて野暮だし。だいたいメモリ少ないからすぐ打てる。
 と言う事で、まさに大人が昔に戻れる本、ていうか付録にハマってしまった。

 そして、実際プログラムを動かしたレポートはこちらLink




posted by 司隆 at 20:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | Computer
この記事へのコメント
はじめまして^^
4bitマイコンのブログを探していたらここへ辿り着きました。

マイコンに興味があって、先日購入、初めてマイコンを触りました。
とーっても面白いですね!ハマってしまいましたw

>「何、このワクワク感は」
ほんとそうですよね!たった数十文字入れるだけでいろんな動きをするんですから!
工夫すれば無限大の可能性が、、、。

LINK先も読ませて頂きました。
よろしければ「電子ブロック FXマイコン」のプログラムを、お時間があれば載せて頂けませんか?

図々しくてすみません。本当にお暇があればでいいので。
お願いしますm(_ _)m
Posted by sun at 2009年09月17日 18:04
sunさん
どうもはじめまして。

これには久しぶりにわくわくさせられました。
色々な方法を考えたりバグ取ったり、更にリストを縮める方法を考えたり、
やり始めたら止まりませんでした。


>>よろしければ「電子ブロック FXマイコン」のプログラムを、
>>お時間があれば載せて頂けませんか?

これは「プログラム作ったら載せてね」という意味でしょうか?
という事でしたら、こちらをご覧下さい。
http://19xx-s-rank.seesaa.net/article/123054977.html

画面左の「まとめ記事・注目タグ」の所にもリンクしてますので。
Posted by 司 隆 at 2009年09月17日 18:26
あ、すみません、既に書いてくださっていたのですね。気が付きませんでした^^

「4ビットマイコン・更に使い込んでみる」
に書かれている
『むしろ制限ばかりでこの程度の事しかできないもので、工夫すればこんなことができる。それを見せてくれる所があるだろうか。』
↑↑そこですよね!

自分はマイコン制御に興味があって、その入門にと思っていました。

買った甲斐がありましたね。
本をちょろっと読んだだけでは把握しきれない部分も発見できましたし^^

また載せていただいていたプログラムにも挑戦させて頂きます!
ありがとうございました。
Posted by sun at 2009年09月18日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。