2009年05月16日

Cubeleo

 最近、Wiiウェアで購入してハマっているゲーム

20090516a.jpg

Art Styleシリーズ:Cubeleo
(↑ページではサウンドが鳴るので注意)

 最近任天堂が、WiiとDSiのダウンロード専用ソフトとして出している、Art Styleシリーズ。
 コンセプトとしては、数年前に出たbit Generationsに続くシリーズとも言える、シンプルなゲームが特徴的。実際、ORBITALとDIALHEXは、このシリーズで出ていたもの。

20090516b.jpg
 Cubeleoは、そのシリーズの一つだが、内容を簡単に書くと、
「3Dのブロックが回転する中で、任意の場所に照準を合わせてブロックを投げてくっつける。同じ色のブロックが4つ以上繋がると崩れて、全て崩せばクリア」

 面のブロック配置は決まっているが、撃てるブロックの色はランダムらしく一定していないので、ある程度運の要素もある。
 操作は、Wiiのリモコンで照準を動かしてボタンを押すだけというシンプルなもので、テトリスなどの落ちものパズルに近い感覚。


 さて、落ちものパズルと言えば、「パズル+アクション」の組み合わせが多いけど、Cubeleoは少し違う。これは、
「パズル+ガンシューティング」であること。

20090516c.jpg 20090516d.jpg
 ブロックを崩すためには正確な場所に撃たなければならない。面によっては、小さな1ブロック分の隙間に入れたら一発で崩せる場所、逆にその場所に最初に撃ち込まないと不利になる場所もある。
 3Dブロックは常に回転しているので、いつどこに撃つかという狙い撃ちの要素にもなっている。その回転速度も面によって若干変わるので、簡易度に関係する。

 パズルゲームでありながら、ガンシューティングの「照準を合わせて狙い撃ち」がメインになっていると共に、ブロックが回転すること、当てればまた別方向に動き出すことなども、ゲームにとって重要な要素になっている。
 今までのアクションパズルとまた違った感覚で、いい緊張感を味わえる。これがCubeleoの面白さだと思う。

 また、こういうガンシューティングパズルって、Wiiのリモコンだから出来たというか、Wiiでしか実現不可能(他機種でリモコン同梱で出す程ではない)なゲームだったと思う。
 新しいデバイスだからこそ見せてくれた新しい感覚のゲーム、そんなものを味わえたような気がする。

20090516e.jpg 20090516f.jpg
 ちなみにこのゲーム、1〜6面、それぞれA・B・Cの難易度があるので、全18面。そして終わりのないエンドレスモードもある。
 私は今のところ、Aは全面、Bは6面までやったところ。そしてエンドレスは本当に延々と楽しめるので、まだまだ続けていそう。


(追記)
 たった今、1-Cをクリアしたら、D・Eが出現した。
 ということで、全何面あるか、私は現時点で分かっていないw。とりあえず全面目指して続ける。

(2009.08.10 追記2)
 ゲームキャプチャ画面を追加。久しぶりにやったら、狙い撃ちが面白い。
 ちなみにこの時点で、6-E・6-F以外はクリアしたが、残り2面がかなりきつい。



タグ:Wii Cubeleo review

posted by 司隆 at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。