2018年11月10日

『DECO GADGET SYSTEM - デコガジェ -』スマホで蘇る「デコゲー」と、その中に見る「DECOの遺伝子」

バンダイナムコエンターテイメントが、2015年4月より企業やクリエイター向けに始めた「カタログIPオープン化プロジェクト」。
過去に発売されたゲームのキャラクターや音楽などを使って、新しいゲームやネットコンテンツを作る、いわゆる二次創作が可能となるプロジェクトで、ナムコ・DECO・ジャレコの39タイトルが解放されている。
ここ数年は、80〜90年代に発売されたゲームが新たに移植・リメイク・再発売されるケースが多く見られるが、これとまた別の方向性で、過去のゲームに触れる機会となっている。

そのプロジェンとによって発売されたゲームの一つが、今回紹介する『デコガジェ』である。

DECO GADGET SYSTEM - デコガジェ -
‎App Store / Google Play

20181110-01.jpg20181110-02.jpg
本作は、iPhoneやAndroidなどの携帯端末向け配信されたアプリ。価格は基本無料で、ゲーム画面に表示される広告や、少額で販売されるキャラクターなどの追加コンテンツが収入源となっている。
内容は、80〜90年代に活躍したゲームメーカー「データイースト」のアーケードゲームをモチーフにしたミニゲーム集で、現在は第1弾『ねこ・ザ・パンチ』のみ遊ぶことができる。
このゲームは、いたるところに「デコゲー」の要素が見える、それが大きな魅力と言える。

デコゲーとは?
データイーストは、「Data East Corporation」の略称「DECO(デコ)」の呼び名で知られるゲームメーカー。DECOが制作したゲーム、中でもアーケードゲームは、やたらと男臭いキャラクターや独特の世界を描いたものが多く、熱烈なファンの間では、その独特さを語る意味で「デコゲー」と呼ばれていた。
その中で、今回の『ねこ・ザ・パンチ』は、1990年にアーケードで発売された『トリオ・ザ・パンチ』がモチーフとなっている。このゲームはキャラクターやゲームの世界が異常とも言えるもので、デコゲーが見せた「独特の世界」を語るタイトルの一つとなっている。

ストアページの情報によると、今後アップデートによってゲームが追加予定とのことで、そのタイトルとして、
  • 羊の工場(トリオ・ザ・パンチ)
  • イライラ・クウガ(空牙)
  • スピンニンジャ(ダークシール)
が挙げられている。
ただし、バンダイナムコの「カタログIPオープン化プロジェクト」によって制作されたゲームは、配信期間が2020年3月までと定められている。つまり、本作もあと1年ほどしか遊ぶことができないので、デコゲー好きならすぐストアページに行ってダウンロードをお勧めする。

これを、デコゲーで使われたセリフを借りて言うならば、

「分かったか!?分かったらさっさと行け!!」

である。

続きを読む...




posted by 司隆 at 21:19 | Comment(0) | Game
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。