2018年08月14日

『ダライアス』で味わった「独り占め」の喜び

アーケードから30年以上、移植版から2年経って今更ではあるが、私にとっての思い出を含めて書いてみたいと思う。

アーケードアーカイブス ダライアス
20180814_12.jpg
タイトーから1986年にアーケードとして発売された、横スクロールタイプのSTG。

モニター3台を使った巨大なスクリーンと、海洋生物を摸したメカニックなキャラクターや巨大なボスがが登場する映像、重低音が響き渡る音楽などが魅力のゲーム。
今まで家庭用ゲーム機で何度か移植されてきたが、1画面にまとめたものが多く、3画面の再現は容易ではないことを物語っていたが、2016年にPS4用として、初めて3画面を再現したタイプが発売された。私にとっても、待ちに待った移植である。

20180814_11.jpg
写真の筐体は、「ゲームセンターCUE 奈良三条店」にて、2011年に撮影したもの
アーケード版の大きな特徴はもう一つ、巨大なキャビネット型の専用筐体で、この中に3画面スクリーンと、座席はゲーム中の低音に合わせて振動するボディソニックが備わっている。ゲームセンターにこれが置かれた時は、もの凄いインパクトだったことを覚えている。
このゲームに限らず80年代後半の時期は、セガの『スペースハリアー』『アウトラン』といった「体感ゲーム」と呼ばれるものなど、大型筐体のゲームはブームと言えるほど数多く発売され、『ダライアス』はその中の一つだった。

でも私にとって『ダライアス』は、他の大型筐体や体感ゲームとは違った感覚があったと思っている。

続きを読む...



タグ:darius

posted by 司隆 at 14:02 | Comment(0) | Game

『Dead Cells』ローグライクに見える、懐かしい感覚

先日からやり込んでいるゲームについて。

Dead Cells
20180814_01.jpg
マップの中をさまよいながら敵を倒していくアクションゲーム。
プレイする度に、ステージのマップや出現する敵、アイテムやトラップの場所などが変化する、いわゆる「ローグライク」と呼ばれる要素と、敵を倒しながらマップの行動範囲を広げていく「メトロイドヴァニア」と呼ばれる要素が盛り込まれている。

敵を倒していくと、プレイヤーの能力や取得できる武器の種類など増えていくが、途中で死ぬと所持品は全てクリアされ、ステージの最初に戻されてやり直し。何度も死んで能力を強化しながら、少しずつ奥深くのステージを目指していく。

このゲームは、2017年からSteamでのテスト配信期間を経て、先日ようやく正式リリースとなった。私もテスト期間中に購入してからプレイを続けているが、現時点でプレイ時間12時間ほど、最初のボスは何とか倒せるようにはなった。
私がこのゲームで好きなところは、美しい映像と音楽などの演出、次々と敵が迫り来るスリルやスピーディーな攻撃などアクションとしての部分、そして、ローグライクの要素に対して独自の見せ方があることだ。

続きを読む...

posted by 司隆 at 09:06 | Comment(0) | Game
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。