2017年06月11日

STGと性は融合できるのか?

20170611-01.jpg
先日、Steamで入手したインディーゲーム『Dragonia』をプレイして、ちょっと考えさせられたので書いてみる。

20170611-02.jpg
プレイヤーはドラゴンの化身である少女を操作して敵と戦う、全方位STG。戦闘中に取得する「ソウル」と呼ばれるポイントを貯め、武器の装備や強化しながら進んでいく。
各ステージに出現するボスを倒せばクリアとなり、ビジュアルシーンによるドラマが展開されるが、そこで映し出される映像はすべて、少女の性行為。つまりこれは、R-18指定のいわゆる「エロゲー」だ。
これはもともと、同人ゲームを扱う「DLsite」でダウンロード発売されている(リンク先はR-18指定)タイトル。Steam版は海外パブリッシャーからの販売で、DLsite版より価格は安いが、日本語に公式対応していない、ビジュアルシーンで陰部が隠されているなどの違いがある。

20170611-03.jpg
私は今まで、R-18ゲームにほとんど触れたことがなく、中でもSTGのスタイルを取り入れたものは初めて。その感覚で言わせてもらうと、STGとして酷いと言わざるを得ない。

出現する敵は十数種類程度と少ない、ステージを進めても敵や弾がたくさん出るだけで変化に乏しい、ボス戦では攻撃を1回受けただけでライフが極端に減少する、プレイヤーはパワーアップして「ライフ回復」の能力を取得すればほとんど無敵など、難易度があまりに極端で大雑把。
ただ、ゲームの目的はあくまで「性行為の映像を見ること」なので、STGとして難易度を上げたりゲーム内容に凝るよりも、サクサク進めるスタイルの方が合うだろう。もっと極端に言えば、ゲームはなくて映像だけ、映像はなくてゲームだけでも成立する。

結局、ゲームと映像の関連は乏しく、無理に合わせているだけのように思える。そもそもSTGとエロは全く関連がないものか、ゲームとして融合はできないのか?などと思った。

続きを読む...

posted by 司隆 at 09:56 | Comment(0) | Game