2016年08月14日

紙と電子で「残すこと」についての考え

今回書くことは、あくまで私個人の考え方、というよりほとんど好みの話なので、一般論を語ったり自己主張をするつもりはないことを最初に断っておく。

20160814-01.jpg
これはの九井諒子氏の描いたコミック『ダンジョン飯』。
人気作品なので主な説明は割愛するが、私は1巻を紙の本で購入して、2巻は電子書籍、でも先日発売された3巻はまた紙で購入した。

何でこういう買い方をしたか?について、私の考え。

私は別に、電子書籍に対して抵抗も反感も持っていないが、自分が気に入った作品は「紙の本で残しておきたい」という意思があるので紙で買うようにしている。
要はダンジョン飯の場合、2巻は電子でいいかなと思ったけどやっぱり気に入ったので3巻は紙で買って、2巻も紙で買い直そうか考えているという、好みの変化。

マンガや書籍に限らず、文章などの記事や映像を載せる媒体としてWebサイト、個人ならブログやSNSもあるが、それが残るかは今のところ、出版社やサイト管理者の都合に委ねられる場合がほとんど。
紙媒体は物理的に消滅しない限り残すことができるので、好きな作品が残るかは自分の意思に委ねたいという欲がある。それが紙か電子かという自分なりの基準。

続きを読む...




posted by 司隆 at 11:49 | Comment(0) | Others
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。