2013年10月24日

スクウェアPCゲームに触れる・2:WILL -THE DEATH TRAP II-

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 80年代のパソコンアドベンチャーゲームは、1982年にミステリーハウス(マイクロキャビン製)、1983年にデゼニランド、惑星メフィウス、暗黒星雲、1984年にサラダの国のトマト姫、ザ・デストラップなど、名作と言えるものが次々と発売された、まさに全盛期。
 その中で1985年に発売されたこのゲームは、スタイルが決まりつつあったアドベンチャーゲームの中で、新しい形を目指していたのかも知れない。

20131010-05.png
 先日から書いている、スクウェアの初期パソコンゲームを収録したソフト、
CLASSIC PC-GAME COLLECTION
 その中から第2作、「WILL -THE DEATH TRAP II-」について。

 ストーリーとしては、ザ・デストラップの主人公、ベンソンに再び国家から仕事の依頼が来る。
 依頼内容は、ある研究者が人類抹殺を企んでいるものを阻止する事。研究者の目的は「娘の死を人類に償わせるため」という、狂気と言えるものものだった・・・。

20131024-01.png20131024-02.png
 前作「ザ・デストラップ」でデビューしたメーカー、スクウェアのパソコンゲーム第2弾。タイトルに「THE DEATH TRAP II」と書かれていて、続編という位置づけだが、主人公が同じと言うだけで関連は全く無い。
 時代背景は80年代の設定だが、南太平洋の孤島に、現代でもあり得ないような科学やロボットなどが存在するSFの世界。

続きを読む...

posted by 司隆 at 19:26 | Comment(0) | Game

2013年10月11日

スクウェアPCゲームに触れる・1:THE DEATH TRAP

 1984年。
 私が当時、このゲームに触れたきっかけは何だったろう。

20131010-04.png
 パソコンゲームは、80年代前半頃からブームのように数多く出始めた、まさに黎明期。
 その中で発売されたゲームのタイトルは、「THE DEATH TRAP」。

 パソコン雑誌での触れ込みはどこも、
  • 新メーカー、スクウェアの第1弾
  • ハードボイルドミステリーアドベンチャーゲーム
  • フロッピーディスク3枚組のボリューム
 というものだったが、中学生だった私は特徴より、とにかく新しいパソコンゲーム、特に好きだったアドベンチャーゲームに一度は触れたい気持ちだったような気がする。


 と言う事で、先日の日記で書いた、スクウェアの初期PCゲームを復刻したソフト。
CLASSIC PC-GAME COLLECTION・スクウェアの基礎を見る

 これに入っているゲームの一つ、「ザ・デストラップ」について書いてみようと思う。
 また、この記事も含めて、まとめはこちらLink

続きを読む...

posted by 司隆 at 12:42 | Comment(0) | Game

2013年10月10日

CLASSIC PC-GAME COLLECTION・スクウェアの基礎を見る

 先日発売されたソフトについて。

20131010-01.jpg
CLASSIC PC-GAME COLLECTION(Project EGG)

 これは、現在のスクウェア・エニックス、当時のスクウェア創立当初に発売されていたパソコンゲームをパックにしたもの。
 私は当時、PC-8801mkIIユーザーで、これらもプレイしている。その復刻と言う事で、発表当初から予約していた。

20131010-02.jpg20131010-03.jpg
 パッケージはブラスティのパッケージ復刻版という巨大なもの。記憶では大きさも当時と同じだが、二重になった箱の中にはアルファのパッケージも入っている。
 更にその中は、フロッピーを模したCDケースと共に、全5作のマニュアルも復刻という、まさに復刻だらけ。

続きを読む...

posted by 司隆 at 16:53 | Comment(0) | Game

無駄な半年

 愚痴。

続きを読む...

posted by 司隆 at 08:40 | Comment(0) | Others

2013年10月09日

A.R.E.S.・難易度と爽快感が両立したゲーム

 先日、Xbox Liveアーケードでまた熱いゲームを楽しんだので。

20131009-01.jpg20131009-08.jpg
A.R.E.S. Extinction Agenda EX
開発元:Extend Interactive(所在地:タイ・バンコク)

 横スクロールを主としたジャンプアクションゲーム。
 プレイヤーはショットの武器と2段ジャンプ、スライディングなどの技を持ち、それを駆使して敵を倒し、突破していく。
 余談だが、開発はタイのバンコクにある会社で、そんな国のゲームも遊べるXBLAのグローバル感は凄いと思う。

続きを読む...
タグ:Xbox360 review

posted by 司隆 at 15:12 | Comment(0) | Game