2013年05月26日

ニュートロン・疑問と思い出と

 私の思い出のゲームを紹介と共に、これで長年疑問に思っていた事があったので、情報を求む意味で書いてみようと思う。

20130526-01.png

 1984年、エニックスより8ビットPC用ゲームとして発売された「ニュートロン」というアクションゲーム。
 チュンソフト(現在はスパイク・チュンソフト)の創設者である中村光一氏製作で、その前に発売されたドアドアと共に大ヒットした。

20130526-02.png20130526-07.png

 ゲーム画面、ここに映し出される巨大な木の上でプレイヤーを操作して、敵の攻撃を避けながら木から成る果実を取っていくゲーム。

 木のどこかに花が咲いて果実になるが、取らずに放っておいたら果実が落ちてミスになるので、すぐに取りに行かないといけない。しかし敵はどんどんプレイヤーを追いかけてくる。避けながら目的の場所に素早く動くという、キーボードを使った指捌きが重要。
 更に、敵を攻撃するボールでまとめて倒したり、果実が成ってからすぐ取っても高得点なので、パターンを作っていく。
 面ごとに違う敵が現れると共に、背景や音楽も全て変わるなど、進めるごとに新しいものを見せてくれる。

 まさに、当時のアクションゲームとしては最高に楽しめるものだった。

続きを読む...




posted by 司隆 at 17:05 | Comment(5) | Game
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。