2013年05月06日

DPC-100プログラム・Sound Balancer

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 ずっと仕事が忙しくて余裕が無かったが、久し振りに、iPhoneのポケコンアプリ、DPC-100用のプログラムを作った。
 今回は、モチーフにしたゲームがある。2006年に任天堂から発売された、ゲームボーイアドバンス用ソフト。

Soundvoyager
(リンク先はサウンドが鳴るので注意)

 シンプルでゲームの原点をテーマに作られた、bit Generationsシリーズの一つで、Soundvoyagerは、音を頼りにするゲーム。
 ヘッドホン必須で、左右の音のバランスで位置をつかんで攻略していくという、実験的な試みだった。

 こう言う、思い切った試みは好きなので、私も音を頼りにするゲームをDPC-100で作ってみた。
 タイトルもこれをモチーフとして「Sound Balancer」とでも。

20130506-01.jpg

 起動画面。

 ゲームの内容を簡単に言うと、「iPhone本体を傾けて水平器を動かし、見えないターゲットに合わせるゲーム」。
 ターゲットは左右に勝手に動いたり停止するが、位置は自分との差を「音」でつかむしかない。
 音が高くなると「ターゲットが右に移動した」というサインなので、本体を右に傾ける。低いと左に傾ける。

続きを読む...



タグ:DPC-100 iPhone

posted by 司隆 at 10:48 | Comment(0) | Computer
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。