2013年05月26日

ニュートロン・疑問と思い出と

 私の思い出のゲームを紹介と共に、これで長年疑問に思っていた事があったので、情報を求む意味で書いてみようと思う。

20130526-01.png

 1984年、エニックスより8ビットPC用ゲームとして発売された「ニュートロン」というアクションゲーム。
 チュンソフト(現在はスパイク・チュンソフト)の創設者である中村光一氏製作で、その前に発売されたドアドアと共に大ヒットした。

20130526-02.png20130526-07.png

 ゲーム画面、ここに映し出される巨大な木の上でプレイヤーを操作して、敵の攻撃を避けながら木から成る果実を取っていくゲーム。

 木のどこかに花が咲いて果実になるが、取らずに放っておいたら果実が落ちてミスになるので、すぐに取りに行かないといけない。しかし敵はどんどんプレイヤーを追いかけてくる。避けながら目的の場所に素早く動くという、キーボードを使った指捌きが重要。
 更に、敵を攻撃するボールでまとめて倒したり、果実が成ってからすぐ取っても高得点なので、パターンを作っていく。
 面ごとに違う敵が現れると共に、背景や音楽も全て変わるなど、進めるごとに新しいものを見せてくれる。

 まさに、当時のアクションゲームとしては最高に楽しめるものだった。

続きを読む...

posted by 司隆 at 17:05 | Comment(5) | Game

2013年05月12日

Vanitas・没頭できるアート

 かなり前から気になっていた、iPhoneアプリを購入。

20130512-10.jpg

Vanitas(iTunes App Store)
Vanitas 公式ページ
TALE OF TALES(メーカーのページ)

 ベルギーにある、TALE OF TALESというゲーム製作会社のアプリで、タイトルのVanitas(ヴァニタス)という言葉の意味は、静物画の手法の一つで、人生の空しさの寓意を表す絵画の事だそうな。

ヴァニタス - Wikipedia

 さすがに私もこのメーカーは全く知らないが、ゲームでもアート感の強い作品を作っているらしく、ネットのニュース記事などで知り、こう言うアートを味わいたくて購入。

20130512-01.jpg20130512-02.jpg

 起動した画面。
 ここでは、iPhone本体を「小さな木箱」と見立てて、その蓋を下から指でスライドして開ける。
 開けると、このようなオブジェクトが中にあり、画面タップで動かしたり本体を傾けて転がせる。一度蓋をして開けたら違うものが出るが、常に3つ。
 音楽として、突然チェロの音色が奏でられ、突然止まる。どういう基準かランダムかも全く分からない。
 このアプリはとにかく、蓋を開ける → オブジェクトを動かす → 蓋を閉める → 開ける → オブジェクトを動かす、を延々と続けるだけのもの。

続きを読む...

posted by 司隆 at 20:52 | Comment(0) | Art

2013年05月06日

DPC-100プログラム・Sound Balancer

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 ずっと仕事が忙しくて余裕が無かったが、久し振りに、iPhoneのポケコンアプリ、DPC-100用のプログラムを作った。
 今回は、モチーフにしたゲームがある。2006年に任天堂から発売された、ゲームボーイアドバンス用ソフト。

Soundvoyager
(リンク先はサウンドが鳴るので注意)

 シンプルでゲームの原点をテーマに作られた、bit Generationsシリーズの一つで、Soundvoyagerは、音を頼りにするゲーム。
 ヘッドホン必須で、左右の音のバランスで位置をつかんで攻略していくという、実験的な試みだった。

 こう言う、思い切った試みは好きなので、私も音を頼りにするゲームをDPC-100で作ってみた。
 タイトルもこれをモチーフとして「Sound Balancer」とでも。

20130506-01.jpg

 起動画面。

 ゲームの内容を簡単に言うと、「iPhone本体を傾けて水平器を動かし、見えないターゲットに合わせるゲーム」。
 ターゲットは左右に勝手に動いたり停止するが、位置は自分との差を「音」でつかむしかない。
 音が高くなると「ターゲットが右に移動した」というサインなので、本体を右に傾ける。低いと左に傾ける。

続きを読む...
タグ:DPC-100 iPhone

posted by 司隆 at 10:48 | Comment(0) | Computer

2013年05月03日

能登デザイン室 iPhoneケース 再び

 2年前、iPhone4に機種変更した時、革製のiPhoneケースを購入した。

能登デザイン室 iPhoneケース(2011年2月5日の日記)

 価格は1万500円。ケースにそれだけのお金を出すかは好みだけど、私は2年間これを使って、とても気に入っている。

20110205-07.jpg20130503-05.jpg

 左の写真がが購入した当初で、右が今日撮影したもの。
 色の違いは写真写りだけではなく、2年も使えばかなり変わっている事が分かる。

 そして先日、iPhone5に機種変更した時に5用のケースを注文した。
 制作元のHPはこちら。

能登デザイン室
notodesign leather case for iPhone 5

 でもこれ、サイトに書かれている通り、一つ一つ職人さんの手作りで人気もあるため、注文してから1ヶ月以上待ち。
 私も注文してから約1ヶ月待って、ようやく今日届いた。

続きを読む...

posted by 司隆 at 22:44 | Comment(0) | Electronics / Goods