2012年10月17日

横井軍平氏の本を読んで

 先日読んだ、横井軍平氏について書かれた本。

決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば ものづくりのイノベーション「枯れた技術の水平思考」とは何か? (P-Vine Books)

ゲームの神様 横井軍平のことば ものづくりのイノベーション
「枯れた技術の水平思考」とは何か?

(スペースシャワーネットワーク 刊)

 横井軍平とは、任天堂がトランプや花札くらいしか作っていない時代に入社、長年にわたって「ウルトラハンド」などのオモチャや「ゲーム&ウオッチ」といったゲーム機などの開発に関わった人物。
 1996年に退社してからゲームなどを企画する会社を設立したが、交通事故により亡くなる。その後に任天堂ではDSやWiiの大ヒットがあるが、それは横井氏の考え方が社内に残っていた事が大きいとも言われ、改めて注目されている。

 氏について簡潔に書いたけど、この書籍には、過去に掲載された横井氏の雑誌やインタビュー記事をまとめたものと、間に何人かのコラムが入っている。

続きを読む...




posted by 司隆 at 18:46 | Comment(0) | Book / Comic
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。