2011年10月09日

手術

 時間が来て、看護師さんの付き添いで歩いて手術室に移動する。それなりに落ち着いてはいたが、手術台の上に乗ると妙な緊張感に襲われる。
 体中に心電図や血圧などを測る計器類や管などが付けられ、点滴している所から麻酔薬が入れられる。
 ああちょっと痛い…、と思った次の瞬間には意識がもうろうとした。

続きを読む...




posted by 司隆 at 17:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | Crohn(クローン病)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。