2009年06月30日

4ビットマイコンでイルミネーション

 先の日記で書いた4ビットマイコンだが、本体内蔵や本誌に載っているサンプルプログラムだけでも、もっと言えば、これから書く1本だけでも大変楽しめる。
 発売前に、アスキーの方が書かれたブログより、

4ビットマイコンで「光のハート」を降らしてみる。(遠藤諭の東京カレー日記より)

 このプログラムが本誌に掲載されている。つまり、本体のLEDをプログラム通りに点滅させているので、本体を暗闇で降れば、6×7ドットの映像が浮かび上がるというもの。
 早速私も打ち込んで、映してみた。

続きを読む...




posted by 司隆 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer

4ビットマイコン

 以前から発売を楽しみにしていて、早速購入。

20090630A.JPG
大人の科学マガジン Vol.24 4ビットマイコン

 学研が大人向けに、子供の頃に味わった科学雑誌のような付録を見せてくれる、大人の科学マガジン。今回発売されたのが、この4ビットマイコン。
 ボタンは0〜Fとコマンドキーの計20ボタン、表示は1つの7セグ(数字を表示する所)と7つのLED、簡単な音が鳴るスピーカー、これだけのものにプログラムを入れていろいろな動作をさせる。
 打ち込むのはアセンブラという、コンピューターに最も近い言語と言うべきか。こう言うのを当時「ワンボードマイコン」と呼ばれていた。
 こう言うのをいち早く欲しいと思うのは、当時味わったのもあるけど、性ってやつです、はい。

続きを読む...

posted by 司隆 at 20:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | Computer
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。