2007年12月30日

2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する!

 入院時から少しずつ読んでいて、結構前に読み終わったのだけど、ようやくこれについてじっくり書く時間ができたので、今回レビューを書いてみる。

2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する! (ソフトバンク新書 49) (ソフトバンク新書 49)

「2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する!」
(桜井進 著/ソフトバンク新書)

 このタイトルについて、今さら説明する必要もない国民的マンガ「ドラえもん」で、マンガの設定であった2112年にこのようなロボットが誕生するのは、これまでの科学の進歩からすれば、実は結構現実味を帯びつつある、ということがまず本の冒頭、プロローグに書かれている。
 そして、このマンガはただの子供向けではない、ここから見えてくるもの、ここで考えさせられるものが数多くある、ということを語った本。

続きを読む...




posted by 司隆 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Book / Comic
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。