2006年06月15日

梅田をぶらり・前編

 今日は、梅田にぶらりと出かけていた。買い物をしたかったのと、ちょっとのんびりしたかったので。
 まあ私の場合、ぶらりと出かけるのは決まって梅田か難波なのだがw
 というわけで、ぶらぶらしたことでも。

続きを読む



タグ:梅田

posted by 司隆 at 19:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | Trip / Travel

2006年06月13日

アホの遺伝子

入院中に読んでいた本。

探偵!ナイトスクープ―アホの遺伝子
「探偵!ナイトスクープ アホの遺伝子」
(松本 修 著/ポプラ社)

続きを読む

posted by 司隆 at 11:39 | Comment(2) | TrackBack(1) | Book / Comic

退院して思うこと

 今日、退院できた。
 ということで、朝一番に病院を出て、家に帰って早速これを書いているが、今回について思うことを、ズラズラと書いてみる。

 私の現在の仕事の立場は「派遣社員」なのだが(ちなみに、オフで言っていたことは、まだ正式な形になっていません)、その立場上、今まで補助であったり、大きなプロジェクトの1ユニットを担当するというものだった。
 それが、入院する2週間くらい前から、全く1人で仕事をしていた。と言っても、1人で十分な仕事内容だったし、問題も無かった。
 だから、これだけは絶対きっちり終わらせたいと思っていたので、プレッシャーがあったのかもしれない。あくまでも、今振り返ればの話だが。
 それだけに、それができなかったのは、自分としてダメージ大きかった。

 入院時には「心当たりが全く無い」と書いたが、ストレスに感じるほどのものが無かったためで、実際は自覚が無くとも、きつかったのかもしれない。

 昨日、退院が決まった時点で会社に連絡して、先程会社からの連絡を受けた。私の存続については、気にするなってことだった。
 とりあえず、ちょっと休ませてくれってことで、出るのは来週の月曜日からにした。これから問題なく復帰できるか、続けられるとしても、この程度のことで倒れないようにするにはどうするべきかとか、思うことはたくさんあるのだが、一週間の猶予をもらったので、ゆっくり考える。

 まあ、いくら悩んだところで、結局テメーの人生なんだからテメーでどうにかしろってことなんだし、実際今回のことは、これから自分でしかどうにもできんのだし、せねばならんし、どうにかしようと思うので、


 ということで、いろいろ書いたけど、最後に一言。

 今回の入院時や入院中にコメントをくれた皆さん、大変励みになりました。ありがとうございました。
タグ:入院記

posted by 司隆 at 11:37 | Comment(6) | TrackBack(0) | Crohn(クローン病)

2006年06月07日

検査結果を聞く

 先程、主治医の先生の話を聞いたので、内容について書こうと思う。

 今回、極度の腹痛になった病名としては「胃粘膜障害」。要するに胃がやられたわけで、クローンが直接の原因ではなかった。
 とは言っても、クローンの患者の人はこの症状になることもあるようで、言わば、クローンとは間接的につながっているらしい。

 だが、最初に撮ったCTなどの検査結果も合わせて見た結果、腸の炎症など、クローンとしての症状も進行していることが分かった。言ってみれば、腹痛が起こったおかげでこれもわかったということ。
 だからと言って、現時点での症状によって即入院や手術というものではなく、もし腹痛が無くても、定期的な検査などで進行が分かっただろうから、その時に対応した療法を進める、そんな感じになっていただろう。

 入院時からの点滴と絶食による治療のため、胃の方は良くなってきているので、明日からエレンタールの服用を始めて、あと1週間くらいで退院できるとのこと。

 まあ、大事に至ったわけではないので、良かったと言えば良かった。

 でも、退院してからどうするかは考えていないのだが・・・、まあ今は考えたくないので。
タグ:入院記

posted by 司隆 at 21:19 | Comment(14) | TrackBack(0) | Crohn(クローン病)

入院後のこと

 3日から4日にかけて検査をし、今日は午前中に胃カメラをんだが、現在の見解としては、直接クローンによるものではないかもしれない(急性的な胃炎など)。
 これについての結果と、これからどうするかは、今日聞くことになると思う。


 退院して食べられるようになってからは、おかゆやうどん、ベーグルくらいしか食べず、全くメニューを変えてなかったし、ましてやNGと言われるものは全く食べなかった。また、仕事上でもストレスと感じるようなことも無く、うまくいっていた。
 事実、この2日の深夜まで不調に感じることは全くゼロで、今のところ、心当たりが全く無い。

 それが、たったの3ヶ月でこんなことになってしまい、また仕事に穴を開けてしまったわけで。
 正直、この先退院しても、今勤めている会社については、考えないといけないと思う。せっかくうまくいってたんだけどね・・・。


 まあ、そんなところです。
タグ:入院記

posted by 司隆 at 16:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | Crohn(クローン病)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。