2006年03月28日

オーディオの話

 最近、いろいろとオークションでいらなくなったものを売っているのだが、特に出しているのがオーディオ関係。
 10年以上前に結構オーディオに凝っていた時期があって、サラウンド対応のAVアンプとスピーカーを購入して映画や音楽をかけまくったり、ゲームもサラウンドでやっていたのだが、最近はそこまで凝らなくてもいい音で聴けるし、パソコンでやった方が便利なので、最近はこれらのオーディオを使わなくなってしまい、ついに十数年使っていたものを手放した。

 中には、2年ほど前に買ったMDデッキもあったのだが、iPodを買ってしまえばMDは全く使わなくなってしまったので、こちらも手放した。ちなみにMDはまだまだ需要が高いようで、結構な値で売れた。

 それにしても、アンプ、スピーカーなど大きなオーディオを全て無くしてしまうと、オーディオとパソコンを置いている棚のスペースがだいぶ空いた。さらにパソコンは現在ノートなので、かなりすっきりしてしまった。

 にもかかわらず・・・

20060328a.jpg
 今日外来の帰りにヨドバシ寄ったら、オンキョーのこのスピーカーがあんまりいい音だったので、買っちまったよ。16000円ほどした。
 まあオーディオとしては全然安い方だが・・・。

 とまあ、また昔の癖が出てしまったのだが、やっぱいい音で鳴るわ。

posted by 司隆 at 21:14 | Comment(2) | TrackBack(1) | Audio / Visual

外来にて

 今日は、退院後4週間ということで、仕事を休んで外来に行っていた。

 血液検査をしたところ、先生の話では、「順調、100点満点で言えば85点くらいやね」といったところ。
 それで、ようやく食事をしていいということになった。もちろんクローン病食で、今のところ1日1食となるが。

 今までの入院の時は、ぶっちゃけたことを言ってしまうと、外出した時にうどんをこっそり食べて、その後血液検査をしたらCRPが上がって焦ったとか、食べた後「あ、そういえば今日レントゲン撮るんだ(汗)」と思い出して、適当な言い訳をしてレントゲンの時間を遅らせてもらったり、まあいろいろやったものだが、今回は本当に全く食べなかった。
 我慢強くなったとかそういうのではなく、入院時に書いた通り、食べるのが本当に怖かったから。
 どのみち、たまらなく食べたいと言うほどの欲求は無かったし。

 というわけで、本当は帰りに店に入ってうどんを食べたいところだったが、外食のうどんは味が濃かったりいろいろあるので、今回はやめときと言われたので、家に帰ってから、うどんとおかゆを食べた。
 実に4ヶ月ぶりであった。大変満足できた。

 まあこれからもおかゆくらいしか食べるつもりは無いのだが(やっぱりまだ怖いので)、まあ順調である。
タグ:外来

posted by 司隆 at 20:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | Crohn(クローン病)

2006年03月24日

DC版アンダーディフィートが届く

アンダーディフィート(限定版)
 アンダーディフィートのDC版が、今日Amazonより届いたので、早速プレイ。

続きを読む

posted by 司隆 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Game

2006年03月20日

車で出かける

 先日書いたとおり、私は3連休だったわけだが、3日目の今日は、車で軽く出かけていた。
 あまり長時間できなかったので、2〜3時間ほど周っていた。

20060320.jpg
 途中、家の近くには交通安全の神社である成田山不動尊があって、そこに寄った。よく考えてみれば、去年の秋に車を買ってからまだ来ていなかった。

 正直、私はもう神頼みはしたくないなと思っていたので、今日も行くべきか迷ったのだが、前の車の時もここでお守りを買って、交通事故についてだけは全く無かったし、やはりそれについてはやっておこうと思ったので。
 そこで交通安全のお守りを買って、車に取り付けた。これからも事故が無く行けたらいいなあと願うのであった。

 まあこれをやったから安全とか、そうでないとかいうわけではないけど、縁起物だしねえ。

 というわけで、結局3日とも出かけていた。体力温存のために短い時間で済ませたが。

posted by 司隆 at 19:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | Trip / Travel

カプコン クラシックス エンディング コレクション

「カプコン クラシックス エンディング コレクション」なるDVDが発売されるそうな。

http://www.tanomi.com/ccec/

 一応、19XXも入っているわけだが、正直な話を言うと、何の苦労もなしにエンディングだけ見て面白いかというのが今の感覚。
 ストライダー飛竜もそう。ゲーム1面〜最終面までストーリーと共に追って行き、それと共に「自力でここまで来た」という中で、最後で見るエンディングに意味があるし、感動もあるわけで、19XXだって最初CDで聴いた時は「ほう、渋い曲やね」程度にしか思わなかったが、クリアして初めて見て、その中に流れる音楽も聴いた時に、好きな曲の一つになった。エンディングなんてそんなものだと思う。

 などと、また熱く語ってしまった。

 まあ、たくさんのゲームが収録されたDVDで、値段も手ごろなので、記念に買う可能性はあるが。

 ついでに言うと、ストライダー飛竜は、アーケード版だけでなくメガドライブ版の方がエンディングとしてはいいと思うので、こちらも入ってくれたらうれしい。

posted by 司隆 at 09:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | Game