2006年01月17日

「鋳薔薇」サントラ発売

「鋳薔薇」のサウンドトラックが発売ということで、今朝CAVEからメールが来た。
 それで、早速HPに行って内容を見てみると・・・

またフィギュア付きかよ(爆)

CAVEサントラのページより
>>さらに今回のサントラは、ファンなら絶対欲しくなる
>>「テレサ・ローズ」のフィギュアも同梱!

 はっきり言います、「いらねーよ!」

続きを読む



タグ:鋳薔薇

posted by 司隆 at 13:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | Game

術後の痛み

 手術から5日経つ。
 腹を切ったために、腹に力を入れられないわけだが、こういう状態だと、何をするにも腹に力を入れないといけないことがよく分かる。
 立ち上がるのは元より、ベッドに上がるために足を上げることも、着替えることも、トイレを流すためのレバーを倒すことも、全てが困難になってしまう。

 病院のベッドは電動リクライニングになっていること、廊下やトイレなどに手すりが付いていること、上の方で品物を受け取れる自動販売機、これらがいかに重用かというの実感した。

 それでもここ2〜3日は、切った所の痛みはだいぶマシになっていて、ある程度体を動かすことが可能となった。
 だが、この時期になると腸が動き出すわけで、腸の中の水分(何も食べてないので水分だけ)が切って接合したところを通過する時、痛みが生じる。
 実際これは異常というわけではなく、術後はそうなってしまうもので、こればっかりは耐えるしかない。

 だが、特に昨日は夜になって39度の熱が出てしまい、深夜に目が覚めたら、動けないくらい腸が痛く、しかも止まらなかった。
 それで解熱の点滴を打ってもらい、ある程度収まった。どうもこの痛みの度合いは熱に関係しているらしい。

 でもその解熱が切れた頃の朝、熱で動けなかったと共に、痛みもひどかった。熱も何日も続いているし、どうも原因は点滴として入れているIVHの管にありそうだということで、今朝はIVHを抜いた。
 また入れることになるのかと思ったが、もうIVHでなく普通の点滴で行くとのこと。

 まあいろいろあったが、今は解熱の点滴を入れたおかげで、こうして書き込めている。午前中はマウスを動かすのもままならなかった。

追記・勘違い
タグ:入院記

posted by 司隆 at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Crohn(クローン病)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。