2005年12月01日

3回目の入院

 実は、27日の夜から入院している。

 27日の夜7時ごろから、腸に今までにないくらいの強い痛みが来た。しかも止まらない。立ち上がることも、動くことも、しゃべることも困難な状態になった。
 親に車で病院に送ってもらい、早急に検査をした結果、この病気による「腸閉塞」。しかも「即入院が必要」だった。

 それは絶対にできなかった。現在、仕事が一番大事な時期で、ここで休んだら本当にシャレにならない。前回もこんな急な入院で、またこんなことを2回もしていたら、もう会社にいられなくなる。
「絶対に入院はできない」と言ったが、医者は「命にもかかわる」とも言った。

 もう、どうしようもなかった。

 それで、今日はようやく通信環境を整えて、こうやって書き込むことができた。会社にも連絡はしたが、一応「こっちは何とかやってるから、心配せずに治療に専念しとけ」ってことだった。

 正直言って、今回は食べ物はほとんど食べず、散々気をつけながら過ごして来たのだが、この結果になってしまった。少なくともこれからは、退院しても一切何も食べられない、というか、もう食べるのが怖い。

 それに、仕事に無事復帰できるのだろうかという不安などいろいろありすぎて、本当に、もうどうすればいいのかわからない。



タグ:入院記

posted by 司隆 at 21:40 | Comment(7) | Crohn(クローン病)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。