2005年12月05日

Broken Thunderを聴いて

 先日の日記で書いていた「Broken Thunder」が届いたので、早速聴いてみた。

 ネット上の話で見て、以前出たものの再販+アレンジ追加だと思っていたのだが、実際は一部の曲の入れ替え+ほとんどが追加というものになっている。例えば「Full Metal Goddess」は曲のテンポが速くなっているし、「Steel Of Destiny」はまた違ったバージョンとピアノアレンジの2曲が入っていて、以前の「Long Version」は入っていない。
 その違うバージョン「Steel Of Destiny -Take Off-」については、ちょっと音を落ち着かせたようになったかな、という印象。前作の派手さが少し抑えられて、迫力不足といえば迫力不足を感じる。

 あと余談だが、個人的に好きなサンダーフォースVの4面目の曲「Cyber Cave」のアレンジが入っているのはうれしかった。

 そのため、こちらはこちらでいいのだが、やはり前作のBrokenも手放すことができないなという印象。

 それと共に、ライナーノートに書かれていたコメント
「ゲーム本編も来年にはお届けできる思います」

 もう完全にお蔵入りしたと思っていたが・・・本当かよ。



タグ:Broken Thunder

posted by 司隆 at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie / Music / TV

検査の結果

 今日、腸の検査を行った。

 結果としては、悪くはなっていないが、いいというものではなく、腸の狭窄は完全に改善されていない。そのため、当初から言われていた通り、手術も念頭に置く必要はあるとのこと。
 今鼻から入れているチューブについては、明日もうひとつ検査をしてから抜くとのこと。その後、クローン病の外科手術に詳しい先生がいる病院が別にあるため、そちらに出向いて診察、その結果により手術が決まる、ということになる。

 正直言うと、現時点でほぼ間違いなく手術をすると考えていいだろう。最初からすると思っていたことなので、それについて素直に受け入れている。
 というか、ここで手術無しに退院しても、今後一切食べられないことは間違い無いので、そうするべきなのだし。
タグ:入院記

posted by 司隆 at 18:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | Crohn(クローン病)

2005年12月03日

転院

 日曜の夜に入院して約1週間、最初の1〜2日目は全く動くことができず、痛みも続いて苦しい状態だったが、4日目には、腸の中にたまったものを取り出すため、鼻から腸にかけてチューブを通し(本当は入院当日にこれをやりたかったそうなのだが、私が休めないなどと抵抗したために延びた)、それによって、痛みは全く無くなった。

 私が今回入院している病院は、今年初め、最初の入院でクローン病と診断されたところで、この1年ここで入院と通院をしてきたのだが、ここは今年いっぱいで閉鎖になる。
 私自身もそのために、先生とも相談をして次の通院先を決めたところなのだが、そんな矢先に突然の入院だった。
 つまり、この病院は閉鎖前で病棟も閉め始めているところに入ってしまった状態なので、病院を移らなければならない。先生も近くの病院にあたってくれて、今日、ようやく転院することになった。

 それで、転院先で気になっていたのが「あちらでパソコンは使えるか?」だった。それで、この病院の予定と言われた時点で、そこに電話をして問い合わせた。

「パソコンは使えますか?」と聞いたら、
「相部屋での持ち込みは禁止となっております」と言われたので、
「じゃあ、ロビーとか休憩室とか、使える場所で使いたいのですが」と言ったら、
「いや、持ち込みは・・・持ち込みは・・・」と、融通の利かない返事。

 それで、どうしてもということなら個室になると言われ、どうしても使わなければならないので、個室にした。
 個室だと出費があるが、今は医療保険に入っているので問題無いし、正直、相部屋だといろいろあったので都合は良かった。

 まあそういうわけで、今は新しい病院で書き込んでいる。

 あとは鼻から入っているチューブさえ抜ければいいのだが、話を聞くと、まだ万全の状態ではなく、手術の可能性は残っているので、それがあればまた一山あるかといったところ。
タグ:入院記

posted by 司隆 at 17:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | Crohn(クローン病)

2005年12月01日

3回目の入院

 実は、27日の夜から入院している。

 27日の夜7時ごろから、腸に今までにないくらいの強い痛みが来た。しかも止まらない。立ち上がることも、動くことも、しゃべることも困難な状態になった。
 親に車で病院に送ってもらい、早急に検査をした結果、この病気による「腸閉塞」。しかも「即入院が必要」だった。

 それは絶対にできなかった。現在、仕事が一番大事な時期で、ここで休んだら本当にシャレにならない。前回もこんな急な入院で、またこんなことを2回もしていたら、もう会社にいられなくなる。
「絶対に入院はできない」と言ったが、医者は「命にもかかわる」とも言った。

 もう、どうしようもなかった。

 それで、今日はようやく通信環境を整えて、こうやって書き込むことができた。会社にも連絡はしたが、一応「こっちは何とかやってるから、心配せずに治療に専念しとけ」ってことだった。

 正直言って、今回は食べ物はほとんど食べず、散々気をつけながら過ごして来たのだが、この結果になってしまった。少なくともこれからは、退院しても一切何も食べられない、というか、もう食べるのが怖い。

 それに、仕事に無事復帰できるのだろうかという不安などいろいろありすぎて、本当に、もうどうすればいいのかわからない。
タグ:入院記

posted by 司隆 at 21:40 | Comment(7) | Crohn(クローン病)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。