2005年09月19日

パックマンのゲーム学入門

 今日本屋に行くと、こんな本があった。

パックマンのゲーム学入門

「パックマンのゲーム学入門」
(岩谷 徹 著/エンターブレイン 刊)

 パックマンといえば、最近ニュースでも話題になった、「世界で最も成功した業務用ゲーム」という事で、ギネスブックに認定された、あまりにも有名なゲームだが、それについて書かれた本らしいというのが、表紙を見た第一印象。
 それにしても、この本の著者の岩谷 徹氏って誰?と思って、巻末の紹介を見たら、ナムコで「ジービー」「パックマン」などを製作し、後にプロデューサーとして50作以上の作品を手がけた人、とある。
 つまり、パックマンについて製作者本人が書いた本という事で、興味があったので買ってみた。

続きを読む




posted by 司隆 at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Book / Comic
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。