2016年08月14日

紙と電子で「残すこと」についての考え

今回書くことは、あくまで私個人の考え方、というよりほとんど好みの話なので、一般論を語ったり自己主張をするつもりはないことを最初に断っておく。

20160814-01.jpg
これはの九井諒子氏の描いたコミック『ダンジョン飯』。
人気作品なので主な説明は割愛するが、私は1巻を紙の本で購入して、2巻は電子書籍、でも先日発売された3巻はまた紙で購入した。

何でこういう買い方をしたか?について、私の考え。

私は別に、電子書籍に対して抵抗も反感も持っていないが、自分が気に入った作品は「紙の本で残しておきたい」という意思があるので紙で買うようにしている。
要はダンジョン飯の場合、2巻は電子でいいかなと思ったけどやっぱり気に入ったので3巻は紙で買って、2巻も紙で買い直そうか考えているという、好みの変化。

マンガや書籍に限らず、文章などの記事や映像を載せる媒体としてWebサイト、個人ならブログやSNSもあるが、それが残るかは今のところ、出版社やサイト管理者の都合に委ねられる場合がほとんど。
紙媒体は物理的に消滅しない限り残すことができるので、好きな作品が残るかは自分の意思に委ねたいという欲がある。それが紙か電子かという自分なりの基準。

続きを読む...

posted by 司隆 at 11:49 | Comment(0) | Others

2016年08月07日

ポケモンGOに見る「融合された中の境界線」

先月からTVなどで話題を賑わせているゲーム、『ポケモンGO』

20160807-01.jpg
『Pokémon GO』公式サイト

長年にわたって任天堂を代表するゲームシリーズとなっている『ポケットモンスター』にスマートフォンの機能を合わせた新作ゲーム。7月にアメリカで、後に日本で配信されてから爆発的な人気を呼んでいる。

スマートフォンのGPSや地図を利用した『Ingress』との連係や、カメラ映像の中にCGを融合させるAR技術など、今まで他のサービスなどで培われてきた技術やデータがゲームシステムに活かされている。
その中でポケモンの「モンスターを集めて戦っていく」というゲームの世界と、地図やカメラ映像などを使った現実の世界、言わば「ゲームと現実の融合」が、ゲームとしての大きな魅力だ。

といっても、今回は別にレビュー記事ではないので、システムなど説明は割愛。

このゲーム、配信前からあまりに話題になっていたこともあるため、私もダウンロードして遊んでみたが、実際に触れて感じたこと、様々な形であまりに話題になっていることについて、自分なりに思うことがあるので書いていきたい。

続きを読む...
タグ:ポケモンgo

posted by 司隆 at 16:04 | Comment(0) | Game

2016年07月18日

foobar2000・音楽ファイルのタグ編集

Windows用のオーディオプレイヤーとしてフリーで配信され、長年にわたって定評のあるソフト、「foobar2000」

foobar2000(海外公式サイト)
foobar2000 Wiki(日本語版Wiki・日本語科や基本操作の情報など)

外観や機能の追加などカスタマイズが自由で、全て無料で楽しめる反面、海外製で基本的に英語であることや、最初はカスタマイズの方法などで戸惑うことも多い。

20160717-01.png
私のfoobar2000レイアウト。アルバムリストとジャケット画像をウィンドウ内に表示するコンポーネントを使用。
リストはフォルダツリーをそのまま表示している。

そのカスタマイズの中でもタグ情報、音楽ファイルに登録されている曲タイトルなどの編集についても高い機能を持っているが、これで自分なりに見つけたことをメモ書き。
この辺のことをネットで探しても、望んでいたものがそのまま掲載されているものが見当たらなかったし、同じことを求めている方への情報として役立てたら幸いということで。

ここでサンプルとして使用するCDは、

20160717-08.jpg
魂斗羅クロニクル Vol.2(EGG MUSIC)

これはコナミを代表するゲームタイトルの一つである「魂斗羅」のシリーズから、アーケードやファミコンなど歴代のタイトルを数多く完全収録した、3枚組という大ボリュームのCDで、
・・・と、これについて熱く語るのは別の機会にするとして、これをPCで録音すると、こんな曲リストになる。

20160717-02.png
これはiTunesでの情報だが、1枚のCDに複数のゲームタイトルが収録されているため、タイトルは「ゲームタイトル&曲タイトル」という形になっている。
これを、
  • 曲タイトルからゲームタイトルのみ消去
  • トラックNo.を再ナンバリング
  • ファイル名もトラックNo.&曲タイトルと同じ名前にリネーム
という作業についての手順を書いていく。

続きを読む...
タグ:foobar2000

posted by 司隆 at 12:41 | Comment(0) | Computer

2016年07月16日

『CRIMSON ROOM DECADE』正統派ADVの「正統派すぎた」続編

この記事も含めて、インディーゲームに関する記事のまとめはこちらLink


ゲームの舞台となるのは「密室」、目的は「閉じ込められたその部屋から脱出すること」。
その方法は、
「・・・分からない、探すしかない」

20160716-01.jpg
CRIMSON ROOM DECADE(Steam販売ページ)

クリムゾン・ルーム公式サイト

2004年にインターネットで公開されて人気を博し、その後ゲーム機などにも移植されるなど、「脱出アドベンチャー」というジャンルを定着するきっかけとも言えるゲーム「クリムゾンルーム」。
その続編がSteamで配信された。

ゲームの操作は主にマウスで、画面上のオブジェクトにカーソルを合わせてクリックしていくと、引き出しを開けたり何かを取るなど行動する。それらを使って謎を解き明かし、部屋から脱出するのがゲームの目的。
制限時間はなく、アクションやリアルタイムの要素も皆無なので、じっくりと時間をかけて楽しむことができる。

続きを読む...

posted by 司隆 at 22:30 | Comment(0) | Game

2016年07月02日

Steam豆知識 3・音楽が演奏されない不具合について

この記事も含めて、Steamに関するまとめはこちらLink


インディー系のゲームを購入していると、特定のゲームに限ってある不具合が起こっていた。それは、

ゲームの効果音は鳴るが音楽だけ鳴らない

というもので、具体的なタイトルは、

Super Galaxy Squadron EX
Circa Infinity
TeraBlaster

など。
私が使用しているPC、Windows8〜10にアップグレードしたものでこの現象が起こり、他のPC、Windows7〜10アップのマシンでは全く問題がない。

音楽だったら原因はPCのサウンド周りだろうと、サウンドのドライバーを入れ直したり、別のサウンドユニットを導入するなど対策を取ってみたが全く効果無し。原因を探るために各ゲームのコミュニティやネットを探していたが、そのような情報が全くない。
だが、Steamでゲームを購入していくと全く同じ現象も増えていくため、先日、再度調べてみた。

続きを読む...
タグ:Steam

posted by 司隆 at 22:17 | Comment(0) | Game